BLOG

悩み、カウンセリング、ヒプノセラピー

あなたの悩みはカウンセリングかヒプノセラピーか?

「私の悩みは○○、、これってどこのだれにどんな相談をしたらいいんだろう?」

こんな風に悩みを解決したいのにその前の段階で立ち止まってしまって結局相談しないまま自分の胸の中にしまう、なんてことありませんか?

ここはやっぱメンタルクリニックでしょ、とクリニックの門をたたきカウンセリングを受けるも、スッキリしたようなしていないような。

もう我慢するしかないのかな?でも、つらい!

肌荒れに合わないケアをしても治らない、もしくはひどくなる、なんてことがあるようにメンタルケアだって合う合わないがあるんです。

病院では内科、外科とか胃腸科とか分かれてるのに精神は精神科、ですよね。

では例えば幼少期のトラウマを抱えて今の人生に影響が出てしまっている人と、ずっと幸せに生きてきたけど今離婚危機!という人では悩みのジャンルは同じでしょうか?

どうにかしたいところが違いますね。

心臓の病気と頭痛、くらい種類違います。

ということはメンタルケアもそれぞれ違って当然なんです。

そしてあなた自身に合う方法もそれぞれ違います。

出される薬が個人によって違うように、ケアの合う合わないもあるのです。

そのためカウンセリングだけで精神疾患を治す方もいれば、何をやってもダメだったけどヒプノセラピーで劇的に良くなった、という人もいるのです。逆もしかり。

じゃあどうしたらいいのーと思いますね。

そんなときは、お問合せしちゃえばいいんです。

あなたはきっと利用するとは限らないし迷惑かも、とかいろいろ考えちゃうかもしれません。

ですが相手はプロです。お問い合わせ後に利用しませんと言われても大丈夫です。

一応オススメとしては人と人のつながりになるのでカウンセリングを一回受けてみて肌感覚というか、直感で今後を決めるのがいいと思います。

人間の潜在意識さんはちゃんとあなたにあんまりだな、いいな、など信号を出します。

もちろん1回目じゃわからないこともたくさんあります。

数回話してとても打ち解ける、なんてこともよくあります。

ただ、心のざわつきは初回にわかります。

潜在意識さんが「やめとけ!」っていうときだけ気が付けばいいと思いますよ。

お医者さんみたいなセラピストが好きな方、わりとフランクな感じのセラピストが好きな方など好みはいろいろあると思います。

あたりが見つかるまでカウンセリング受けてられないよ~と思うかもですが何が当たりなのか、というところ。

あなたのことを一緒に、身内のように考えてくれる人にしたらいいと思います。

やっぱなんだかんだ、愛が大事だよなぁ、と思います!!

関連記事

  1. この世、偏見
  2. メンタルケアは必要
  3. カウンセリングメニュー傾聴
  4. 各種SNS
  5. 自分ばっかり
  6. モテる未来
PAGE TOP